読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

√3は3の倍数である

数弱は焦っていた。テスト終了まで、残り時間はわずか。依然として埋まらない解答欄。何か、何か書かなくては。数弱は、無心でシャープペンシルを走らせた。最後の気力を振り絞る。そこでテスト終了を告げるチャイムが鳴り響いた。——やりきった。白い解答欄の中で、『n=√3α(αは整数)よりnは必ず3の倍数となる』、この文字列が一際輝いていた。

カラオケとクリスマスと

今日は教員会議の関係で授業がなんと2時間。
2時間だけなら休みにしてくれ、なんて思いますが、そこはぐっと堪えていざカラオケへ。
私自身は大して歌が上手くないので、楽しくをモットーに騒ぐタイプです。つくづく歌は持ってして生まれたものが影響するなぁ、と思ってしまいます。
カラオケには私を含め3人で向かったのですが、私以外の2人は普通に歌が上手いです。非常に辛い状況です。
そんな中「クリスマス?なにそれ美味しいの?」を歌ってきたのですが、なかなか精神的に来るものがありますね。クラスのボードには「クリスマスまであと9日!」なんて浮ついたメッセージがウェイによって書かれていたことを思い出し、奴らの早急な絶滅を強く願いました。お察しの通り恋人とかいないのでクリスマスは悲しく過ごすわけです。
だがしかし!今年は友人と出かける約束があります。互いに傷を舐め合いリア充共の宴を乗り切る、そんな楽しい1日になることだろう……と、曲がりなりにも楽しみにしていた矢先です。
この友人侮るなかれ、今年だけで2人から告白を受けていることが発覚しました。仲間だと思っていた人間の突然の裏切りです。なんという仕打ち。鬼。悪魔。
こんなことが許されて良いのでしょうか?いや、良いはずがない。クリスマスさっさと終わらねーかな。
クリスマスが終われば季節は着々と春に向かって行きますが、はたして私に春は訪れるのでしょうか。