読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

√3は3の倍数である

数弱は焦っていた。テスト終了まで、残り時間はわずか。依然として埋まらない解答欄。何か、何か書かなくては。数弱は、無心でシャープペンシルを走らせた。最後の気力を振り絞る。そこでテスト終了を告げるチャイムが鳴り響いた。——やりきった。白い解答欄の中で、『n=√3α(αは整数)よりnは必ず3の倍数となる』、この文字列が一際輝いていた。

μ´≒0を学ぶ会

日記
宣言通り昨日はスケートに行ってきました。
朝8時、前回の事もあり殺されたくない一心で布団を抜け出し手早く着替えます。10時に最寄り駅に到着すれば良いので、かなり余裕を持って行動できました。これを継続できればなぁ〜。
心配している定理発見者(長いから定理呼びにしようかな)から来たLINEにきちんと起床している旨を伝え、最寄り駅へと向かいました。
9時50分くらいに駅に到着、電車を待っていたのですが、私と同じ駅から出発するはずの友人(すごく真面目、ただし数Ⅰ課題に対しての姿勢はあっ……(察し)なみんなのオカン)がなかなか来ません。
そういえばLINEの既読も2件しかつかなかったことを思い出し(まさかね、)と思いつつホームでTwitterをしつつ、少し心配しました。
結果やはり時間までには来たので、安心です。

ところで、先に電車に乗っていた盆地と定理がJRで変態に遭遇したらしいです。曰く、突如として電車内でシコり始めたんだとか。
私はそういった輩に出会ったことがないので想像がつきませんが、ああいう人たちって何が目的で電車内公開オナニーに勤しむのでしょうか。
Mなんですかねぇ……。

やってきた電車に私とオカンも乗り込み、降りた駅で先に乗っていた2人とも合流し、約4年ぶりくらいのスケートリンクへ。
不安でしたが、やっぱりこういう事って体が覚えているものですね。普通に滑れました。
盆地、オカンも次第に感覚を取り戻す中。
定理、なかなか感覚が戻ってこない。

スネる定理に理不尽な怒りをぶつけられつつ、暫く滑っていたのですが、ふとリンクの外、安全を見守るお兄さんの隣、なにやら派手なオレンジ色の物体がある事に気が付きます。

……アザラシ?
アザラシじゃねこれ?

そこには目に一切の光をたたえない、プラスチックのアザラシたちが5、6体ほど鎮座していました。
ええ……何に使うのこれ……、と思っていると、どうやらそれはソリらしく、ここではソリを時間制で貸出しているようです。
アザラシの隣にあった椅子形状のソリで滑走するちびっ子がいることに納得しました。

流石にもう高校生、楽しそうにソリで遊ぶちびっ子を微笑ましく見ていると、

「マ゛マ゛ァ゛〜!!!!!!」

……決して、滑りに来たちびっ子が駄々をこねているわけではありません。

声の主は盆地です。彼女はその高すぎる偏差値の代償なのか、時折幼児退行を起こすのです。
ソリに乗りたい、と氷上で足摺りをする盆地。
正直私も興味があったし、他2人も借りたいとの事だったので、椅子のソリを借りようと考えていたところ、

「ア゛ザラ゛シ゛がい゛い゛ぃぃ゛ぃぃ」

かくして、高校生にもなってスケートでアザラシのソリに乗ることに。
満足気な盆地。向けられるちびっこ達の奇異の眼差し。
無理もありません。
再確認しておくと私達は結構身長が高い方に分類され(オカンは別だけどね。こんな事書いたら殴られそう)、かつ盆地はロングヘアーのいかにも秀才オーラを放っているのです。

カオス。

その一言に尽きる。

さっそくアザラシに乗る盆地を、オカンが押してあげることに。
先ほどとは打って変わって、この世の全ての罪を知りながらそれを赦すような、菩薩のような表情をして穏やかに手を振る盆地。

「――天皇

誰かがふと、呟きました。

いやその天皇アザラシに乗って好奇の目に晒されてるんだよなぁ……の言葉を飲み込み、私は静かに写真を撮ることに専念しました。

アザラシを返して、時間も昼時だったのでサイゼリヤへごはんを食べに行きました。
各々好きなメニューを注文していくのですが、定理すっごい食べます。文化部のはずなのに。その癖痩せてるので世界はやはり不平等なのです。

その後またスケート場に戻り、みんなで滑ります。
その頃には定理の感覚もかなり戻ってきており、滑れれるようになっていました。
3時くらいに製氷のため一旦リンクを出されます。
製氷していく所を見たかったので、柵のすぐ近くにいると、

お兄さん「手は出さないでね(^^)」

……なんだってんだ、私がいかにも手を出しそうに見えたか。
ちびっ子にすらしなかった当たり前の注意を私にはするのか。
ちびっ子と混同されるならオカンが一番やろ!いい加減にしろ!

その後製氷したてでツルッツルの氷を楽しみ、4時くらいに引き上げました。

奇しくもこの間の数学テストの特典順で転び、ある種の運命を感じました。

途中ケーキ型を買って、満身創痍疲れきって帰宅。
すっっごい疲れたけどすっっごい楽しかった。
また行きたいなぁ〜。

今これ書いててめちゃくちゃ眠いので、後半の駆け足っぷりが凄まじい。誤字脱字が酷そうです。
今日は部活というハードスケジュール。
筋肉痛堪えて頑張るぞい