読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

√3は3の倍数である

数弱は焦っていた。テスト終了まで、残り時間はわずか。依然として埋まらない解答欄。何か、何か書かなくては。数弱は、無心でシャープペンシルを走らせた。最後の気力を振り絞る。そこでテスト終了を告げるチャイムが鳴り響いた。——やりきった。白い解答欄の中で、『n=√3α(αは整数)よりnは必ず3の倍数となる』、この文字列が一際輝いていた。

片手開け

缶ジュースを片手で開けられるとかっこいいらしいです。


お前は突然何を言っているんだ、と思われても仕方ないですが、缶ジュースを片手で開けることが出来れば女の子にモテること間違いなしなのです。

つまり缶ジュースを片手で開けられることはモテへの1歩であり、
モテのステータスであり、
缶ジュースを片手で開けられれば、世界は私に優しく微笑んでくれるわけです。

事実無根だと思われるかもしれませんが、ググると確かにそう出てくるのです。

「缶ジュース   片手」

で検索をかけましょう。

※ただし2次元のイケメンに限る……おや、誰か来たようだ


ともかく、缶ジュースを片手で開けられるようになりたいのです。


ということで、

f:id:ryo__ta:20160206225610j:image

どどん。

コイツで練習します。

片手で缶を掴む。

人差し指をかける。

呼吸を整え、

そして一気にプルタブを起こす!!!!





……













…………



















……開かない



想像以上に開かない

結構力はある方なのですが、開かない。


っていうか、指が痛い。


練習不足。

私には経験が足りない。


いつの日か必ず、可愛い女の子に

「ほら、ジュース」
(片手でジュースを開け、差し出す)

をやる日が来るはず。

それまでに経験を積み、片手で缶ジュースを開かられるようにならなくては。




今日は久々にシングルスの試合をやってボコされました。

シングルスはゴミです。

バドミントン歴4年目とはとても思えないクソみたいなサーブに、
バドミントン歴4年目とはとても思えないクソみたいなショットを重ね、
バドミントン歴4年目とはとても思えないクソみたいな試合を展開するのです。

ダブルスもペア依存の強いクソ雑魚なんですが、シングルスはまず話にならないレベルで下手なのです。

今日は部活自体久々だったので疲れました。
明日は休みなので惰眠を貪ります。