読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

√3は3の倍数である

数弱は焦っていた。テスト終了まで、残り時間はわずか。依然として埋まらない解答欄。何か、何か書かなくては。数弱は、無心でシャープペンシルを走らせた。最後の気力を振り絞る。そこでテスト終了を告げるチャイムが鳴り響いた。——やりきった。白い解答欄の中で、『n=√3α(αは整数)よりnは必ず3の倍数となる』、この文字列が一際輝いていた。

体育教師「じゃあ2人組作って〜」

いろいろ
ちょっと前に高校1年生が終わってしまいました。

1年が過ぎるスピードって本当に恐ろしい。
何だかんだで1年間楽しかったです。次は高2、受験に向けてそろそろ真面目になりたいですね(ならない)

さて、高1が終わったということは春休みです。学校に行かなくて良い。最高です。
部活にはテキト〜にゆるっと参加してあとはのんびり家でゲームくらいかなぁという感じです。インドア派の血が騒ぎますね。

……と言いつつ、現在旅に出たい衝動に襲われています。

旅と言ってもそんな大したものではなく、電車で県内の寺だの神社だの、科学館だとか美術館に行くようなものです。私は皆様ご存知の通り超インドア派なんですけど、たまーに1人でふらっと出かけるのが好きなんですよね。

特に計画も立てず行動する人間なので気分で色んな所に行きます。大須から始まり、徳川園、名古屋港水族館名古屋市科学館、その他もろもろです。

ぼっちつらいとかよく言うけれど正直そこまでだし、なにより一人旅ってわくわくしません?
寄り道し放題、行き先変え放題、時間を気にする必要もなく好きなようにうろつけるのって魅力だと思うんです。

ただ水族館に行った時はちょっと後悔しました。周りがカップルだらけだったので死にたくなりましたね。水族館ってホントにカップルばっかですよ、ヤバイ。何故あそこまでカップルが集結するのか。
名古屋港水族館は隣にちょっとした遊園地があるので、それも集客効果がありそうですね。あそこのお化け屋敷でビビりすぎて一緒に行った子にずっとしがみついてたのが懐かしいです。

カップルに囲まれるのはつらいものがあるけるど、私言うほど1人って嫌いではないです。
そりゃあ気の合う友達がいればその人と過ごしたいのは分かります。私だってそうです。

でも1人なのが嫌だからって、わざわざ気の合わない人に愛想笑いで接するのってすごく疲れると思うのです。だったら1人でのんびりしてた方がマシ、って感じです。お互い嫌いあってるのに1人になりたくないから、って上っ面だけ仲良くするパターンってなんかよくあるじゃないですか……。

私は表面上だけで友達ごっこするよりは、気の合う数名と深く付き合っていきたいタイプです。

中学時代は気の合う子数名(片手で足りるくらいだった)とずっとつるんでたし、それ以外とは気が合わないし興味も持てなかったのでひたすら読書に明け暮れてたんですが基本的には楽でしたね。


そう、あくまで“ 基本的には”楽でした。

体育で「2人組作って〜」の地獄アナウンスが流れない限りは楽でした。

2人組作って、は本当にやめてほしかった。
と言うのも、2人組を作るとなるとまぁ当然私は余るのですが、その場合ザ・不良少女(不良の中の不良で、学校内の不良全てを統率していたと言っても過言ではない)と組むことになったからです。
当時のクラスで群れてなかったのは私と彼女くらいしかいなかったので、結果的に“ クソ陰キャ眼鏡(醜女)と孤高の不良少女(美女)”というあまりにも辛すぎる組が作られるのです。地獄か?身長が大体同じだったのも結構大きな要因でしたが……

柔道の授業とか特に酷かったです。
基本的にペアで進行する授業だったので、周囲が和気藹々としている中私達は無言で言われた事を淡々と行い、終了時「ありがとね〜(社交辞令)」とお互いに薄笑いで次回もよろしく頼むぞと意思を確認し教室に帰るのが流れでした。
結構何度もペアを組んでいたにも関わらず仲が良くなるわけでもなく、互いに歩み寄る気もなく、会話が生まれることもなかった1年間でした。なんてビジネスライク!

もうすぐ2年生ということで新しいクラスになるわけですが、私は上手くやっていけるのでしょうか。
とても不安です。いやむしろ不安しかない。