√3は3の倍数である

数弱は焦っていた。テスト終了まで、残り時間はわずか。依然として埋まらない解答欄。何か、何か書かなくては。数弱は、無心でシャープペンシルを走らせた。最後の気力を振り絞る。そこでテスト終了を告げるチャイムが鳴り響いた。——やりきった。白い解答欄の中で、『n=√3α(αは整数)よりnは必ず3の倍数となる』、この文字列が一際輝いていた。

夏休みになりました

名ばかりだった偽りの夏休み(笑)がやっと終了し、ついに本格的な夏休みに突入しました!

とってもハッピーです。浮かれ気分で足の爪まで夏空なのです。手の爪までは流石にいじれないので……

と、まあだいぶ浮かれているので御察しの通り課題が全然進んでいないです。だいぶヤバイ感じに進んでないです。死にそうです。だがやらない。

 

お前は一体何をしているんだと言われても仕方ないのですが、1日が結構あっという間に終わってしまうんですよね……1日の流れとしては

昼過ぎ起床

pixivで推しカプを拝む

3時にごはん

Twitter

6時半から7時にごはん

Twitter

ニコ動

なんか色々やってる

1時に風呂入る

Twitter

3時から6時に就寝

 

こんな感じに生活しています。生活リズムなど崩壊して久しいです。仕方ないですね。

部活もなかったので(深く追求はしないでください)家でのんびりできました。幸せです。

 

最近今敏監督の映画を2作観ました。パプリカとPerfect Blueです。めっちゃ面白かった。

ストーリー的な面白さで言えばPerfect Blueが個人的に楽しめました。あのドキドキ感癖になります。

どちらの作品にも共通して言えるんですが、今敏監督は視聴者を混乱させるのがすごいです。

何が現実で何が虚像なのかがわかんなくなってくるんですよ。そこがすごいし、面白い。

 

あと狂ってる人の狂ってる描写がほんと……うまく言えないんですけど、不気味で気持ち悪い。

パプリカの狂った人のセリフがめちゃくちゃ好きです。めっちゃ電波。たまらん。

所長のセリフすごいんですよ、「オセアニアじゃあ常識なんだよ」!

聞いてる側が「?????」ってなるあの感じ!

主人公たちと真面目に話をしていると、突然所長が喋ること喋ること。

 

『今こそ、青空に向かって凱旋だ! 絢爛たる紙吹雪は鳥居を潜り、周波数を同じくするポストと冷蔵庫は先方を司れ! 賞味期限を気にする無頼の輩は花電車の進む道にさながらシミとなって憚ることはない! 思い知るがいい! 三角定規たちの肝臓を! さぁ! この祭典こそ内なる小学三年生が決めた遥かなる望遠カメラ! 進め! 集まれ! 私こそが! お代官様! すぐだ! すぐにもだ! 私を迎え入れるのだ!!』

 

一気にこれだけ言い切ると所長は走り出し、窓を突き破って(結構高い階に見えました)落ちます。

そして本作1の見どころ、パレードシーンへと移り変わる。

 

いやめっちゃ良くないですかね。三角定規たちの肝臓を! って。最高ですよね。未だに中学二年生なのでこういうのほんと好きです。

 

 

Perfect Blue だと「汚れちゃった♡」のシーンが好きです。

主人公はアイドルから女優を目指すんですが、そう上手く行くはずもなく、ドラマではレイプされる役をやらされたり、ヌード撮影をさせられたりと、およそアイドル時代にはありえない仕事をこなすことになります。しかもストーカー被害にあうわ、身近な人が殺されてくわ、そのせいでマスコミに「呪われた女優」なんて書かれるわ……

極度のストレスに晒された主人公には次第にアイドルである自分の幻覚が見えるようになってしまうのですが、その幻覚が主人公に「お前は汚れてしまったから、もう誰にも必要とされていない」って趣旨のことを言うんですよ……「これからは私が光であんたが影よ」と。その時点でもう最高に好きなんですけど、ここの主人公の声優さんの演技が……すごい良いんですよね……。「違う!!!!」って叫ぶ時の必死さ。

そしてドラマの進行に合わせるように、主人公の乖離は酷くなっていく。主人公がレイプされるストーリー書いたドラマの脚本家は何者かに滅多刺し。ヌード撮影をしたカメラマンもまた殺された。

 

一体犯人は誰なのか。ストーカー? それとも全く違う何者か。もしくは未だにアイドルである事を望む主人公自身……。

 

めっっっっっっちゃ面白いので……是非……

 

ただ人に勧める内容ではないので……レイプシーンとかめちゃくちゃ生々しいしめっちゃ刺しシーンでは眼からですし……ラストシーンはもはやホラーですし……

 

でもほんと、話は面白いので!

 

アイドル、ネット、ストーカー、およそ1997年制作とは思えないです。

 

そして冒頭から引きずられる印象的なセリフ、「あなた、誰なの」

 

是非。国内R-15指定、多くの国ではR-18って心構えは持っておくべきかと。