読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

√3は3の倍数である

数弱は焦っていた。テスト終了まで、残り時間はわずか。依然として埋まらない解答欄。何か、何か書かなくては。数弱は、無心でシャープペンシルを走らせた。最後の気力を振り絞る。そこでテスト終了を告げるチャイムが鳴り響いた。——やりきった。白い解答欄の中で、『n=√3α(αは整数)よりnは必ず3の倍数となる』、この文字列が一際輝いていた。

受験生になってしまいました。

受験生になってしまいました。

 

出だし、冒頭、話の開始点──文章で最も大切と言っても過言ではない書き出しは、悲しきかなこの一文となってしまいました。

前回の更新が確か二月だったので、あれから約二ヶ月、特に何をする訳でもなく、ただ漠然と目の前にあることだけを消化して過ごしてきた結果、なんということでしょう、私は高校三年生、つまりは受験生になってしまったのです!

 

受験生というのは、なるほど、本当に忙しい。

 

私の学校は所謂典型的な自称進学校で、一日の始まりは早朝補習、そして戦いは業後補習、さらに延長学習まで続きます。大体夜七時までは学校に拘束されるという次第です。

私は朝七時には家を出なくてはならないので、これはつまり、朝七時出勤夜七時退社ということです。これは一体? 

 

ご存知の通り、私は頭脳が無ければ向上心も無い悲しき底辺なので、いい加減この生活が苦しくて仕方がありません。これがあと何ヶ月続くのでしょうか。地獄です。

四月いっぱいで部活は引退となるので、その後はいよいよ本格的な屍生活が始まります。

 

受験という言葉は私のとても弱いメンタルを深く抉ります。四月早々、既に何度か発狂しており元気なメンヘラとしての矜持を見せつけるとともに、あんまりにも毎日が灰色なので、ほぼ日手帳を購入しました。一年後にはこのブログに公開できたらいいなと思う次第であります。

 

さて、こんな鬱屈としたつまらない話はどこか遠くに置いておきましょう。

話は変わって今日は我が部員、盆地の誕生日でした。今回は割と早い段階から構想、計画し、自分でも納得のいくクソコラを制作できたので満足です。また月曜日には盆地を除いた三人で本命プレゼント「ドリームちゃん」通称「夢豚」のぬいぐるみを購入し、渡すことが出来ました。かくしてパーフェクト誕生日お祝い計画は実行、成功をおさめたわけです。この場合のおさめるの漢字がどれだかわからなかったのでひらがななのです。かなしいね。

 

日付が変わってしまいそうなので、これで投稿しようと思うのですが、誤字脱字は確認しません。これは〝あえて〟の選択であり、まさかめんどくさいとかそういう方向ではないわけです。決して。

twitter依存、スマヒョ依存を軽くしつつ!一応頑張って!みます!

それでは。