√3は3の倍数である

数弱は焦っていた。テスト終了まで、残り時間はわずか。依然として埋まらない解答欄。何か、何か書かなくては。数弱は、無心でシャープペンシルを走らせた。最後の気力を振り絞る。そこでテスト終了を告げるチャイムが鳴り響いた。——やりきった。白い解答欄の中で、『n=√3α(αは整数)よりnは必ず3の倍数となる』、この文字列が一際輝いていた。

短編小説『俺とクソ客』

 ヤツと出会ったのは、そうだな。あれは確か、バイト先のコンビニがクジで商品引き換えキャンペーンを行っていた頃だ。丁度、ハリセンボンの「良い部屋チャンス」が店内に流れていた──。

 

 当時業務に慣れていなかった俺は、ただでさえいっぱいいっぱいレジ打ちに加えて、「客の持ってきたクジの引き換え商品を店内から走り回って見つける」という作業に疲れ果てていた。気力も、体力も、限界だった。分かりやすく注意力は散漫になっいた。今思えば、それがいけなかった。

 カゴいっぱいに商品を詰めた男だった。この忙しいときに、なんて厄介なのだろう。俺はちらりと男の顔を観察する。嫌いなタイプだ。丸顔に、キョトンとしたしじみのような黒目。一見して、中国人なのだろうか、と思った。

 俺は笑顔を浮かべ、商品のバーコードを読み取っていく。

すると、何やら財布を弄っていた男が大量の用紙を俺に突きつけた。一体なんだ。一抹の不安を覚えながら、俺は紙の束を受け取った。見覚えのある形状だった。

「こちら全てこの場で引換されますか」

 我ながら、声が震えなかったのはよくやったと思う。案の定、渡された紙の束は全て引換券だった。

 俺は店内を駆け回った。レジ列は伸びていく一方だった。男は悪びれる様子もなく、さも人畜無害です、というような表情で、キョトンとした小さな目を、空に投げていた。

死んで欲しいと思った。今この瞬間ばかりは、それが正義だと思った。俺は男を呪った。心から、呪った。

 必死に引換商品を店舗からかき集めてきた俺は、やっとの思いで会計を終わらせた。レシートにはくじ引き回数の目印である、桜の花びらが5枚表示されていた。俺は男に5回くじを引くように促した。当たるな、と唱え続けた。

「っていうか7回引けますよね」

 結果として男はくじを当てに当てた。

 しかも俺のミスまで指摘しやがった。ちくしょう、くじを引く回数が5回以上になるとレシートには表示されなくなるらしいのだ。気がつかなかった。クソ客にミスまで指摘され、俺はあまりの悔しさに酒瓶を逆手で掴みかけた。殴り倒してやろうか本気で悩んだ。

今回当てた分のくじも引換させて、やっと男は去って行った。

 俺にとって、もっとも思い出したくない客の一人だ。しかし、男は必ず来る。必ずカゴをいっぱいにして、あのキョトンとした顔をしながら、レジ前に居座り行列の起点となる。

 もう顔を見るだけでイライラする。しかしバイトの最中だけ我慢すれば良いのだ。俺は大人になった。クソ客をこうしてネタにすることだって出来る。

 

 ある日、俺は部活に参加していた。バイトを始めて、音楽は心を癒してくれるということを学んだ。だから、部活は好きだった。

「今日から新しい人が来るから」

 先輩に紹介された男を見て、俺は驚愕した。クソ客に瓜二つの顔をした男が、そこには立っていたのだ。

 

 

 

関係ないんですけど、先週の執行されて風見の女になり気が狂った状態で書いたオタク・ブログがありがたいことにはてなブログさんにまとめられたみたいです。今回の更新の為にアプリ立ち上げて気が付きました。

は? あまりの羞恥にのたうち回っている、何? 人生がピエロ芸なんだけど……